7月2015

車通勤

今月から会社には車で通勤する事にしたのだ。今までは、家が川崎なので西新宿までは、JRと地下鉄を乗り継ぎ、会社まで来ていた。

結構、帰りが最終電車になる事が多く、特に神奈川へ向かう最終電車の京浜東北線は、朝のラッシュ並みで、正直疲れてる時は尚更しんどい。

車でクライアントの所に出かける事も多いし、会社付近で手頃な駐車場も見つけたので、車出社にしました。

出社時は道路は結構混んでいるのですが、帰りは深夜なので空いてて楽です。最終電車の混み具合に比べればね。

駐車場を契約しないと、西新宿あたりは1日2400円くらいかかるし、ビルの駐車場だと23時で閉まるしで、駐車場の方が断然お得ですしね。

酒を飲んで帰る時も、車を置いて帰れるしね。

カテゴリー:社長ブログコメント(0)

ファイアーエンブレムif

3DSの新作「ファイアーエンブレムif」が楽しいです。
僕は「白夜王国」の方を購入しました。
仲間になるキャラクターも多数出てきて、しゃべりまくるし。

難易度もほどほどで(一応カジュアルモードでやっています。)、1面短時間で終わるので
電車の中でするには適しています。

全作のファイアーエンブレムから、萌え要素が増えていましたが
今回更にパワーアップした感じです。
メイド服の仲間もいるくらいですから。
時代背景と合っているかは別として、色んな職種の仲間が増えて、いろんな武器もあり、
キャラバンという自分のオリジナルの陣地を作っていくのも楽しいです。

すれ違い通信で、他の人とキャラバン同士の戦いもあり、
まあ、全作から加わった追加要素を、課金するのもあり、ボリュームはすごいです。
課金は欲しい人はすればいいし、課金なしでも完結するので僕は問題ないかと思っています。

僕も、白夜王国をクリアしたら、追加要素で「暗夜王国」のシナリオ、それに第三のシナリオと購入できるので、一応購入して全シナリオを行う予定です。

昔はとても難しく、一度キャラクターが死ぬと復活できない仕様でしたが、
今は、カジュアルモードで最初から死なない設定にできます。
キャラクターが死ぬとリセットして、何度もやり直した覚えがありますが
今のご時世、社会人だと時間ももったいないので、最初から死なない設定というのもいいかも。

もしかしたら、暗夜王国か第三のシナリオは、死ぬと復活しない設定でやると思います。

今回のファイアーエンブレムは、戦闘もやりやすいので、いろんな方にお薦めできるゲームだと思います。

d45e94f3

カテゴリー:フェイバリットコメント(0)

アップルウォッチ

発売日に購入しましたよ。
予約自体も出来ないものも多かったのですが、僕が購入したデザインのものは、運良く発売日に購入できました。

そろそろ購入して3ヶ月近くたち、毎日付けています。
もともと時計を僕は付けなかったので、このアップルウォッチは新鮮な気分で使えます。
よく使うのは、時間を見るのはもちろんの事、メールの確認、LINEの確認、メッセージの確認、万歩計がわりに歩数やカロリー、心拍数の確認など。

ストップウォッチやタイマーも使っていますが、iPhoneでも出来ることですがね。
無理してアップルウォッチでという使い方ではないですが、いちいちiPhoneを取り出すより、
アップルウォッチで確認できるようになってからは、結構気軽になりました。

iPhoneカメラのファインダーにも使えるとの事ですが、まだ試してはいません。
一歩間違えた使い方をすれば、盗撮などできちゃうところが怖いですが。

iPhoneのように、みんなが購入したり使ったりするものではないかもしれませんが、
iPhoneを持っている方は、アップルウォッチと一緒に使う事により、
便利なことは便利ですよ。

アップルウォッチのみで使うアプリや、ゲームでアップルウォッチを使う使い方が
今後増えてくればまた変わるのかもしれません。

今のところ、絶対にかわなくちゃという物ですがありませんが、
アップルが好きな方には、必須のアイテムと言えると思います。

61Aa8UZFwgL._SY355_

 

カテゴリー:フェイバリット, ライフスタイルコメント(0)

生家の取り壊し

僕は産まれてから、高校卒業する時まで祖母と住んでいた家を、8月に取り壊す事が決まりました。
今は誰も住んではいなく、空き家になっているし、
築50年以上経っていて、屋根や壁もぼろぼろになっているから
しょうが無いと言えばしょうがないですが。

別に売りに出すわけではなく、家が崩れたら隣など大変な事になるので
一旦取り壊し更地にするのですがね。

ただ、僕の生まれ育った家なので、無くなるのも寂しい気がします。
去年、京都に帰った時に一度、みんなで見に行きました。
その時、家の中にも入ったのですが、壁の崩れや畳の傷みがすごかったです。
僕の子供の時の物も結構置いてあるので、
懐かしみながら見ていました。

今の家は8月までで見納めなので、今年8月のお盆休みに、
最後の姿を見に、帰郷しようかなって考えています。

 

カテゴリー:社長ブログコメント(0)

ターミネータ:新起動/ジェニシス

★★☆☆☆

一作目からずっと見てる映画なので、映画館で見てきました。

久々に、アーノルド・シュワルツェネッガーが出演すると聞き、それだけでも見る価値はありましたよ。

ただ、サラ・コナー、ジョン・コナーが前作までと違いすぎるのと、ストーリーが変わっていて、審判の日を防ぐ宿命や儚さがなくなっていて、サラ・コナーも全く別の人格で、すごく明るい活発な今風な人になっていたのと、ラストのジョン・コナーに、相当な違和感が。

サラ・コナーとカイルとの切ない設定も無くなり、僕が見る限り、シュワルツェネッガーが出ていただけで、ターミネータではないかな。

シュワルツェネッガーのシーンはとても良かったですが、前作までとは違う別次元の未来というのは、もう何でもありで。

今回から全三部作との事ですが、次は見に行くけは微妙です。映画ってつまらなくても終わりよければ全て良しなんだけど、このターミネータは終わりも、今までを完全スルーして、別の結末を作っちゃったからなー。

歳とったシュワルツェネッガーの役は、良かったけど。

  

カテゴリー:社長ブログコメント(0)

今月最初に、京都のいとこに息子が生まれました。
もともと僕は、僕・弟・いとこ2人(どちらも女性)の4人は、本当の兄弟のように一緒に育ちました。

僕が生まれてからずっと祖母の家で暮らしていた時から、このいとこ達は毎日のように祖母の家に来ていました。
祖父が亡くなり、祖母が体調が悪く入院していたときでも、
伯母の家に、今度は逆に僕がお世話になったりしていました。

今でも僕が京都に帰ると、皆迎え入れてくれています。

僕も含めて、この4人はなかなか婚期が遅かったり、子供いなかったりしていたのですが
今回、うちの伯母にしてみれば初孫です。

まだ、僕は写真でしかみていませんが、元気に育っているとの事。
梅雨明けして暑いので、生まれたばかりの赤ちゃんや産後のいとこには気を付けてもらいたいなって思います。

この赤ちゃんは、僕にとっても初めての甥となるので
次、京都に帰った際は、会うのを楽しみにしています。

結構、難産のもと産まれたとの事で、母子ともお疲れ様です。

カテゴリー:社長ブログコメント(0)

Blu-ray「アナベル」

★★★☆☆

先週末、発売したので購入しました。
いろんなサイトで評価が高く、ホラー映画が好きだったので楽しみにしていました。
前作「死霊館」とのダブルセットで購入。

恐ろしい呪われた人形の話。
実話だそうですが、実物の「アナベル人形」は、とても可愛い人形ですが、劇中の人形は顔が相当恐ろしいです。

人形に、カルト教団の魂が乗り移り、心霊現象が起こり、死者まででてくるという。

結構、いろんなブログで評判はよかったのです。最近、面白くないホラーも多く、その中で久々に怖かった映画です。

前作の死霊館も良かったし、同時期にレンタルされたダークハウスも良かったです。この監督は久々にホラー映画で、僕的にヒットな監督でした。

  

カテゴリー:社長ブログコメント(0)

SNS

ニュースでも報道され、不適切な言動で有名人のTwitterは炎上し、一般でもたわいもない言動が様々な問題を引き起こしている。

僕もFacebookやこのブログはやっている。どちらもほぼ実名だから、発言する責任はもっている。
ただ、Twitterや掲示板の投稿は、誰だか分からない。その分、過激な投稿が多いのは事実。

特にTwitterは日常の出来事や不満を投稿するのが多い。
暇な時に呟き、投稿にリツイートし、欲しい情報を手に入れる事も多いので、気軽に使える。

だからといって、思っていることを何でも発信してはダメだろう。誰が見ているのか分からないのだから。
世の中には、マナーがあり、尊敬や尊重といった気持ちもある。
SNSで発信することは、ネット上に上がるということ。

いつもは、いい子の皮を被っていても、SNSを通して見てみると、化けの皮が剥がれ、せっかくの外面も意味をなさなくなるのが、インターネット。
マナーが良くないことをしている人は、いづれ本性がバレるという教訓。
やはり、その人のどこかが甘いんでしょうね。
甘くない人は、何でもかんでも自分に不利になる事は発信しません。
世の中上手く出来ていますね。

最近、残念な事実を知りました。
良くやっていると思っていたものが、裏ではとんでもない悪態だったという事。
残念というか、バカな話。
詰めが甘く、上手くは世の中を渡れないのだろうと思いました。

カテゴリー:社長ブログコメント(4)