プログラマーの孤独

以前働いていた会社では、最初、広告代理店で雑誌や新聞に広告を載せる原稿を作っていた。
その後、WEB制作を行うようになったのだが、当時からWEB制作会社は多く、僕らのように経験のないものは新しい依頼など頼まれる事もなく、会社のお客様がつきあいで依頼するという風な内容の仕事を行っていた。

当時から、自動でWEBページを作れるソフトが多くあり、素人でも作れてしまう。
そんな中、何を武器に僕らはWEB制作を行っていこうかを迷っていた時期があった。

そこで始めたプログラムという作業。
何も分からず、何をしていいのか全く考えられない。
でも、プログラムが出来ればきっと道が開くと信じ、僕はプログラムを勉強することを決意した。

別に、当時WEB制作をしなくても会社は成り立っていて、
結構僕がやり始めたばかりに、社員の対応が僕に対して悪くなってきた。
本当に出来るのか。。言わずともわかってしまう社員の態度は僕をもっと孤独にさせる。
強迫観念が僕を襲い、これが出来なきゃ終わりというばかりに、僕の心に閉じこもる事もあった。

誰にも助けられない。
僕以外は誰も何も理解できないからだ。僕だって理解できないのに、やったこともない社員の皆が分かるはずなんてない。
出来るまで何度も何度もコードを書く。
白紙のドキュメントに、何十行、何百行、何千行。。。
それを数百ファイル作る時もあった。
そう僕一人で、延々とコードを書き続ける。
書いたコードを誰も確認できない。
誰も助けてくれない場所へ僕は進んでしまったんだ。
後戻りは出来た。だが僕はしなかった。
僕は今まで決めた事を投げ出す事など、恥だと思って絶対にあきらめる事はしなかったのだから。
プライドや自己満足や自己中心的な考えや、周りの視線や評価や、出来ない事へのストレスなど、そんなものと孤独に戦っていた。

出来なかった時点で僕の才能はそこまで。
僕はもっと出来る人間だと思ってきた以上、そんなところで終わるはずがない。
そう生きている意味もない。
僕もそう、他人からもそう。 才能がないなどと思われたくもない。

僕はずっと、そう思いながら、孤独にコードを書き続けている。
完成したコードは、相当な感動なのだ。

独立してからも、僕はコードを書き続けている。
まだ僕しかプログラマーはいないからだ。
辛くても、頭が痛くなっても、コードを何度か失敗し始めから書くことがあっても、僕はあきらめずに書き続ける。
それが僕の武器だから。

プログラマーは孤独である。

カテゴリー:社長ブログコメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントフィード

トラックバックURL: http://takanix.com/wp-trackback.php?p=199