HTML

昔、僕がまだ紙でデザインをしていた頃。
参考書や色見本を見なくても、「CMYK」で色を表現できた。

紙広告の基本は、「CMYK」の4色カラー。
C=シアン(青)
M=マゼンタ(ピンク)
Y=イエロー(黄色)
K=ブラック(黒)
この4色で、紙に出力する色が成り立っている。もちろん銀や金や蛍光色などの「特色」も別にある。

赤は、M100% Y100%。
緑は、C100% Y100%。
紫は、C100% M100%。
オレンジは、Y100% M50%などなど。
パーセントは0から100までで設定する。
C36%M72%Y100%K40%などと茶色を指定もする。

近くにある物の色や服の色なども、CMYKで表現していた。
表現することは勉強だったから。
色指定を何も見ずに頭で考えられれば作業は一段とはかどるからだ。

今は、ホームページ言語のHTMLとデザイン言語のCSSは、頭の中で考えて構成させる。
昔は、HTMLのタグさえ分からなかったのに、今では図形や映像もHTMLとCSSで表現させる事ができる。

WEBメインでやっているから当たり前の事だが。
でも、今思うと本当にHTMLをやって良かったと言うこと。

僕にやりたいことが見つかったのだから。
HTMLをやっていなければ、CSSも理解出来なかったし、XHTMLやXMLも理解できなかった。それに僕を決定づけた「PHP」も理解出来なかった。
今ではHTML同様、PHPでも表現させる事が出来ているのだ。

WEBでの基本のHTMLというテキスト言語。
細かい決まりが僕にピッタリ。
HTMLは僕の人生を変えてしまった。現に僕は別の道を歩き、独立をしたからだ。
HTMLは僕のフェイバリットである。

カテゴリー:フェイバリットコメント(1)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントフィード

トラックバックURL: http://takanix.com/wp-trackback.php?p=874