8月2018

リメンバー・ミー

★★★★★

会社で、おススメされたのと、僕も見たかった映画だったので、見ました。

いやー、ラスト近くから泣けました。日本でもお馴染みなお盆なイメージで、先祖に感謝しようと再確認する映画でした。

後世に忘れられる事が、本当の死であると。だから、先祖を忘れずに供養するという現代、若い人にあてたメッセージではないだろうかとおもいました。

ディズニー映画は、こういう部分があるから、皆に支持されてるんだとおもいます。

僕も見ていて、亡くなった祖母や母のことを思うと、映画とクロスして泣けてきました。身内で亡くなった方がいる人には、心に訴えかける映画ではないでしょうか。

久しぶりに泣けた映画を見ました。僕も死んだら毎年忘れずに誰かに思っていてほしいと思えます。

カテゴリー:社長ブログコメント(0)