PHP

今から6年ほど前に、前の会社で受注できる仕事を増やすため、WEB事業に取り組むことになった。
その際に、もともと携帯サイトを作っていた部署があったのだが、その部署と僕ら制作が一緒になり、仕事を行い始めたのだ。

最初は、もちろん僕もHTMLなど初心者で、手探りの状態から始めていった。

WEBデザインも良いと言えるほどのデザインでもなく、見よう見まねの作業が続いていた。
数ヶ月たち、XHTMLとCSSでの作業に移り、会社関連の仕事も入るようになっていた。

だが、その時期は、WEBデザイン事務所が既に多く、素人でもワープロ感覚でホームページを作れる安価なソフトまで出ていて、僕としては今後どうするか考えていたのだ。

いずれ何年かたてばもっとWEBは進化し、HTMLを書くだけでは生き残れないと僕は思っていたのだ。
何か、目玉となるものを持たなければ。。。

そこで、Flashやプログラムに目が行った。

Flashは、作り込めばすごいものが出来るのは分かっていたのだが、全てのホームページに必要ではない。
今となっては、iPhoneやiPadでは見れないし、その他のスマートフォンや携帯でも重い。
Flashは、とりあえずバナー程度、ナビゲーション程度に僕の中で抑えていたので、僕はプログラムを選択した。

最初は何も分からず、意味も分からず、仕組みも分からず、失敗もしたし、長い時間がかかったこともあった。
でも僕はこれだと決めて、今までやってきた。

ホームページのどこかしらで、一つは使うだろうプログラム。
CGIは、サーバーに負担がかかるので、僕はPHPを選んだのだ。

今も進化しているし、出来る事も多くなり、PHPは出来ないものはないくらいになっている。

世の中には、もっともっと出来る人がいっぱいいるだろうが、その中の一人のプログラマーとして、今後も進み続けるであろう。
JavaScriptとAjaxもかねて、色々模索しているのだ。

プログラマー兼社長。
大変だが、きっと最後には笑っているんだと僕は信じて歩いている。

カテゴリー:社長ブログコメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントフィード

トラックバックURL: http://takanix.com/wp-trackback.php?p=448